アニメ「ゾンビランドサガ」プリントアートにデジタル著作権を付与して予約販売開始

ブロックチェーンを利用したコンテンツ管理システムを提供するブロックパンク(BlockPunk)社は7月5日、TVアニメ「ゾンビランドサガ」のプリントアートの予約販売を開始した。同社のブロックチェーン基盤blockpunk.net上で販売される。プリントアートにはNFCチップが付属し、Ethereumのブロックチェーン上に所有権が記録される。スマートフォンでNFCチップを読み取ることでブロックチェーン上のデジタル証明書を閲覧できるという

引用元:https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1194712.html

 

国内においてもブロックチェーン技術が実用的に活用される例の一つとなりそうだ。

特に著作権など問題は昨今の漫画村やAvgulなどの騒動もあり早急な対策が求められている。

その中でこうした著作権コンテンツにおける分散台帳技術の応用例は今後の活用モデルになるだろう。

映像コンテンツはもちろん、物理的な商品に関しても管理が可能になれば、チケット転売問題や悪質な転売に規制を掛ける事が出来るかも知れない。

CAPCOINのAIによる著作権保護システムに関しても、今後のエンターテインメント業界における事例の一つとしてモデルになれるよう、誠意開発しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です