【CAP】2/13日ミートアップまとめ

【録画版URL】

<アップロード終了次第URLを公開します。>

【ミートアップまとめ】

1.上場に関する進捗・期限について

現状、上場審査は通過していますが、技術的なすり合わせに時間が掛かっており、どうしても上場期限を厳密に決めることが出来ません

お金に関わるということもあり、予想以上に技術的なすり合わせに時間が掛かってしまっています。技術面というのは、CAPと取引所で成獣な取引が行えるように、板の調整を行っています。現在、稀にバグでCAPが上場しているように表示が出てしまうことがあるようです。(これは取引所で行っているテストにおける不具合と報告を受けている。)

ただし、前回のように決定的な問題があって遅れている訳ではなく、純粋に上場準備に時間が掛かってしまっている状況です。

我々も急いでいますが、取引所が最終確認をしないとOKが出ません。もちろん、具体的な日付がお出しできるようになれば、随時報告させて頂きます。

2.返金対応について

申し訳ありませんが、投資に関して調子がいい悪いで返金を受け付けることは出来ません。

最初の段階で投資にはリスクがあると説明しており、ご理解の上購入して頂くのが前提となっています。

我々も投資金を持って逃げてという話でやっている訳ではありません。毎日、市場にCAP作品が出ているので、そちらを確認して頂ければ事業が進んでいることは確認できます。

AVの発売本数だけで考えても5-6億円程度の著作権資産がありますので、数百万をもって逃げるなんてことは全く考えていません。

法定通貨と交換したい方は、上場後に板で取引して頂ければと思います。

3.ロックアップ期間/価値・Jvideosの進捗について

これに関しては前回のミートアップでも詳しく解説しています。気になる方は一度ご覧になってください。

当初はJvideosが上場後3か月後くらいから収益を配当として回せるのではないだろうかということで、3か月のロックアップを設けていました。

ただ、現状jvideosの方は開発の目途が立っておらず、新しい業者との交渉を続けている段階です。なので、前回のミートアップで募集したキャンペーンなどを活用し、ロックアップ後に価格が下がらないような手は打っていく予定です。

しかし、我々が価格操作をするために、本来投資するはずの資金を使ってテクニカルな対策を行うことは考えていません。あくまで、認知度の向上も含めて、CAPを保有する方に還元できるようなキャンペーンを考えております。

そのへんの投機案件のように、ジェットコースターのような価格変動はなるべく起こしたくありません。ちゃんと実態があるビジネスとして、株式上場への投資と同じ感覚で進めていく方針です。

4.全体を把握する人物のコミュニティー参加/レスポンス速度について

全体を細かく説明できる人物を参加させることは、申し訳ないですが難しいです。

全ての技術的な部分を細部まで理解・説明できる人がいません。もちろんプロジェクトマネージャーが最も分かっているはずですが、各種運用・運営と技術・メンテナンスを全て一人で説明・回答出来る人はいないのではないでしょうか。

ですので、運営スタッフが正確に回答できない内容については、コインオタクや担当者に事実確認をしてから回答することになってしまいます。そのためスグに回答ができないことも多々ありますが、中々改善が難しいところではあるかと思います。

5.Fcoinについて

Fcoinはコロナウイルスの関係で主要エンジニアとの連絡が取れていないとの情報が入ってきています。そのためセキュリティーのアップデートができず、やむを得ずに停止しているような状況になっているかなと。

Fcoinで資金の運営を行っていますが、Fcoinは年利4%程度なので運用額は非常に少額です。他は月利で4-5%程度出ているため、Fcoinに何かあったとしても大した影響はないと考えています。

また、Coin Otakuさんの方ではFcoinの主要メンバーと連絡が取れているようですので、CAPとしてはそのまま待つということを聞いています。

6.CAPの日本事務所の所在地をお教えください。

CAPに日本事務所はございません。

私たちは実務を請け負っており、周知活動・広報活動もお手伝いしているような形です。

CAP本体は香港企業であり、プライベートバンクの方々が中心に運営されています。

7.他の動画共有サイトからJvideosには、どう既存ユーザーを誘導していきますか?

CAP事業のパートナーでもある健全化協力会には、エロタレストという月間7000万PVのアダルトサイトが協賛として名を連ねています。
(エロタレストは、各動画共有サイトにあるエロ動画を紹介しているブログ記事の更新情報をまとめ、ユーザーに紹介するまとめサイトのことです。※所謂アンテナサイト)

そのエロタレストには、Jvideosの動画を優先して取り扱ってもらいます。(Jvideosは著作権ホルダー各社から許諾された動画を中心に公開されます。)

つまり、権利者に許諾されている動画を紹介するとエロタレスト内で優遇掲載して貰えるような状況が生まれます。

エロタレスト内で優遇紹介される = サイト運営者のアクセス(売上)に関わってくるため、サイト運営者もJvideosの動画を積極的に取り扱うようになる仕組み作りを行います。

そのため、Jvideosは1日に数十万以上の流入は見込めると考えており、他の共有サイトよりも紹介されやすい環境が生まれていくことになるでしょう。

8.らぽふぁんYouTubeをどのように盛り上げていくのか。

※らぽふぁんYouTubeとはラポルノというアダルトのクラウドファンディングサイトに関連するYouTubeです。

らぽふぁんYouTubeは、AV女優のセカンドキャリアを支援するために立ち上げたものです。

AV女優は引退後のセカンドキャリアが厳しく、現役AV女優として露出している間に、次のキャリアに繋がる仕事に発展できればという想いで作られました。

将来の不安から引退するAV女優も多いため、AV女優の短い寿命を少しでも長く頑張って頂けるように、AVという枠だけでなく、映像コンテンツの延長線上として、AV以外のコンテンツを発信していけるような下地作りをしている。

ノンアダルトの動画から、イベントやアダルトビデオの販売にも繋げることができると思いますので、市場規模の拡大にも効果があると思っています。

CAPも投資ファンドなのでもちろん利益にはうるさいんですが、市場から利益を吸い上げることだけを考えている訳ではありません。AV市場を発展させ、長く安定した利益確保をするというコンセプトが元になっています。だからこそアダルト産業専門の融資ビジネスを行いたい訳です。

9.CAP価格上昇の施策/ワクワクする情報はあるか?

3番の質問で答えたように、我々が価格操作をするために、本来投資するはずの資金を使ってテクニカルな施策を行うことは考えていません。

CAPの価値が上がるようにするためには、みなさんが売らずに一緒にCAPを盛り上げて頂けることが大切だと考えています。

そのためにも、2~3か月後に新たなキャンペーンを行うことを検討しています。

前回のミートアップで皆さんから集めた案を含めて考えており、ブログ・Twitterなど拡散力がある物を活用して、記事作成やツイートによってトークンをプレゼントできるような企画の話を進めています。

一緒に盛り上げられる形を作ることができればと思います。

また、新情報としてVR事業をスタートさせている。

今主流のVR動画は男性目線で女の子がフェラチオしたり騎乗位したりするものです。これには、VRの酔いやすいという欠点があるために、カメラを固定して撮影せざるを得ないという事情もあります。

しかし、手振れ補正などの技術開発を進めており、普通のAVと同じようにカメラを動かして撮影する「ハメ撮りVR」という物を新しくやっと製品化に漕ぎ着けました。

今現在、30本~40本の撮り貯めた作品があり、随時市場に投入していきます。

FANZAのVRフロアを見ると、本来人気であるはずの素人というジャンルがありません。これは、カメラを固定して撮影(女優がリードしていく構成)するVR動画において、素人の女の子が愛撫や体位変更を主導することに無理があるため、撮れないという事情が関係しています。

ここへ、私たちはVR初の素人/ハメ撮り企画で参入します。

CAP企画からVR初のハメ撮り動画出せるという情報は、上場後のCAPにどのくらい影響するか分かりませんが、明るい情報としてお伝えさせていただきます。

10.上場価格について

1ETH=1500CAPのレートに準ずる価格で上場します。

上場価格は資産価値から見てもかなり割安に設定していますが、これは新規公開株の売り出し価格と同じ原理で・市場認知・知名度向上などが目的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です